子供が子猫を拾ってきたら? 飼う場合の予防接種や避妊・虚勢手術は必要?費用はいくらかかる?


 

こんにちは!

hikapika@sadmamamama)です!

子どもが野良猫を拾ってきたり

捨て猫を見つけたりして

猫をこれから飼おうとお考えの方に

まず何からすればいいかを

私なりにまとめていきたいと思います。

 

気になる費用も確認しましょう!

 

何かの縁があってあなたは猫と

出会ったんだと思います。

 

その縁を大切にこれから家族の一員として

迎えるに当たって大切な事があります!

 

 

動物病院の受診

まず、猫ちゃんとあなたの為に

すぐでなくても構いませんが

必ず動物病院を受診して下さい!

 

 

しかし、外傷があればすぐにでも

受診して頂きたいです!

 

受診する目的は猫ちゃんが恐い病気に

感染していないか

健康状態のチェックをしてもらう事です。

 

外傷がなくてもエイズや白血病に感染している

可能性がありますので

血液検査は必須です!

 

 

予防接種

これは猫ウイルス性鼻器官炎

猫カリシウイルス感染症

猫汎白血球減少症

この3つは空気感染し感染力も強いので

室内で飼育されるつもりでも

受けておいた方がいいと推奨されています!

 

その他には3種混合・4種混合・5種混合と

値段は変わりますが色々ありますので

動物病院と相談して摂取してあげて下さい。

 

 

避妊・去勢手術

私はこれがとても大切だと思っています!

 

手術は2万円~3万円程かかりますが、

猫は一度に3匹~5匹出産します。

 

生涯で考えると400匹程産む猫ちゃんもいるんです。

 

これほどの猫ちゃんを

責任を持ってお世話できる人は

おそらくほとんどいらっしゃらないんでしょうか。

 

それに出産のペースも早いです。

 

なので、猫ちゃんの出産を予定していない限りは

 

手術を受けれる様になる6カ月頃に

早急に受けてあげて下さい。

 

たろこも6カ月で受けました。

 

子宮の病気のリスクも減ります!

 

受ける前には既に発情期を迎えてしまい

ストレスで暴れまわっていましたが、

手術をしてからは

とても落ち着いて生活しています。

 

なので猫ちゃんの為にも

是非受けておいて下さい。

 

夜中にストレスで暴れ回られては

飼い主さんもしんどいと思います。

 

子猫を飼うために必要な費用

では、実際子猫を飼う場合、

どれくらいの費用がかかってくるのでしょうか??

 

必要な物も含めて確認していきましょう!

 

お世話用品

 

猫ちゃんを飼うにあたって必ず

必要になってくる物ですね!

 

トイレ

猫ちゃんのトイレですね。

これがないと、家中が大変な事になってしまいます!

私のオススメはこれです!


子猫ちゃんは小さいですので、

トイレの壁が超えられないと

トイレに入る事ができませんので、

トイレも子猫のウチは子猫用を

用意してあげて頂きたいです!

 

猫砂かトイレシートかは意見が分かれるところでは

ありますが、我が家のたろこは

猫砂を嫌がったので、今はシートで落ち着いています!

 

サッと変えれるし清潔ですので、

今はこれで満足しています!

 

猫砂も大きさや硬さなど様々な物が売っています!

 

猫ちゃんの様子を見ながら、お気に入りの物を

探してあげて下さい!

 

トイレ+猫砂=3000円~5000円

 

 

 

キャットフード

 

これも必須な物ですね!

猫ちゃんのご飯です!

 

キャットフードですが

子猫ちゃんの間は

子猫用のキャットフードを選んであげて下さい!

 

ドライフードではなく

ウェットフードがおすすめです!

 

子猫ちゃんは、まだ月齢によっては

硬いフードは食べれない可能性もあります!


 

 


アレルギーなどが心配な方は

少しお高いですがアレルギーフードにしてあげても

いいと思います!

 

ドライフードになりますが、

ふやかしてあげれば子猫でも食べれます!
キャットフード

500円~6000円

 

 

避妊&去勢手術

20,000円~35,000円

 

予防接種

3種混合で3,000円~5,000円程度、

7種混合で5,000~7,500円程度。

 

避妊などの手術や予防接種が一番費用のかかる項目

だと思いますが、避妊などの手術は1回きりですし

 

予防接種も1年に一回くらのペースです!

 

ちなみに病院に連れて行く際は

キャリーバックが必要です!



 

備品

とりあえず、猫ちゃんを買うために必要な物は

トイレ・フード・手術・予防接種でOKなんですが

その他にもあれば良い備品が多くあります!

 

爪とぎ

猫ちゃんはいつでも獲物をハントできるように爪を

尖らせています、

壁や高い所へ行くためにも爪は必須です!

 

でも、この爪結構痛いんですよね!

 

猫ちゃんに悪気はなくても、

ひっかかったり、ちょっとした拍子に

爪でやられることが多々あります!

 

そうなった時にでも、被害を最小限に

おさえれるように爪は常にカットしておきたいものです!

 

爪とぎ

更に、壁やカーペットなどあらゆるところで

爪とぎをするので、

家の被害も心配ですよね!

 

爪とぎ



爪切り


 

これらを用意してちゃんとケアしてあげて下さい!

 

お風呂&娯楽

家猫ちゃんの場合でも1ヶ月に1回くらいのペースで

お風呂に入れてあげて下さい!

 

我が家の場合は、子供達が猫アレルギーなので、

もう少し頻繁にお風呂に入れていました!

 

そしてなんと言っても猫ちゃんは遊ぶの大好きです!

 

いっぱい遊んであげて下さい!

 

そうすると猫ちゃんとの絆も深まりますし

猫ちゃんのストレス発散と家猫ちゃんは特に

運動不足解消にもなります!

 

そして、いっぱい遊んだ後はおやつで休憩も必要ですよね!

 

ノミ取りシャンプー


 

おもちゃ





おやつ




hikapika
ね~ね~、ぶっちゃけたろこはチャオチュールの何味が好き??

 

たろこ
好みはダントツでマグロっすね!でも、カツオも捨てがたい!ん~~、毎日どっちも食べたいっす~~

 

キャットタワー

我が家は広さ的に置いてあげる事が

できませんでしたが、

キャットタワーもあれば絶対良いです!

 

猫ちゃんもくつろげてストレスフリーですし

なんといってもかわいい!!

 

余裕がある方は是非用意してあげて下さい!





 

 

ペットゲート

ゲートもご家庭によっては必要かもしれません。

猫ちゃんを留守番させて置く時に役にたちます!

 

お留守番の間のイタズラも防げますし、

怪我や脱走の予防にもなります!



 

 

結局いくらかかるの??

で、なんだかんだいくらかかるの??

って話ですが

 

とりあえず絶対に必須な項目の

トイレ・フード・手術・予防接種で

総額40,000円~50,000円程だといえるかと思います!

 

あとは、おもちゃだったり、他の備品は

追々揃えていけばいいかと

思います!

 

まとめ

最初は初期費用としていくらか

費用はかかってしまいますが

これが済めば後は年に1回の

予防接種を受けていくだけで大丈夫だと思います!

 

あなたと出会った猫ちゃんは

とても幸せな猫ちゃんです。

 

外で暮らす猫ちゃんたちの寿命は

2,3年と言われています。

 

それを考えると家猫ちゃんの寿命は13年程!

 

はるかに長生きできますので、

何か理由がない限りは室内での飼育をおすすめします!

 

外にはこわい病気がたくさんあります

危険もいっぱいです。

 

あなたと暮らす猫生が

幸せな物になるように願っています!

 


「借金問題で苦しんでいる方へのメッセージ」






借金苦からは今スグにでも抜け出せます。
実際に借金苦から抜け出した私の経験を元にあなたに大事なお話をさせて頂きたいです。
読むだけで人生が変わります。





社交不安障害との戦い~息子と共に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)