イヤイヤ期をどう乗り切る?父親は重要な存在!父親の対応で大きく変わる!


こんにちは!

 

まさに今、子どものイヤイヤ期の真っ最中で悩んでませんか??

ごはん食べるのも「イヤイヤ」

歯磨き「イヤイヤ」

お着替え「イヤイヤ」

お風呂「イヤイヤ」

お昼寝「イヤイヤ」

おでかけ「イヤイヤ」

とにかくぜーんぶ「イヤイヤ」なんですよね!w

 

1時間も2時間も泣きっぱなし!

 

こんな時もありますよね。

 

少し前までは何をしても天使のようでかわいかったのに

最近は、悪魔の様に感じる。

 

「魔の2歳児」と言われたりもするこのイヤイヤ期。

どうやって乗り切ればいいのか。

 

このままでは、自分もストレスで潰れてしまうかもしれない。

 

子どもに手を挙げてしまったらどうしよう。

 

自分でも、今だけだってわかっているけど

どうしようもなくイライラしてしまう。

 

そんな気持ちで毎日辛いですよね。

 

でも、大丈夫ですよ!

 

必ず、いつかイヤイヤ期も終わって、

今度はぐんと成長した我が子と毎日過ごせる日が

やってきます。

 

でも、どうすれば今のこのイライラのな毎日から

抜け出せるのか、、、。

 

悩みますよね。

 

 

 

 

 

 

私は保育士資格を持っています!

そして、男の子二人を育ててきました!

 

今現在は中学生と小学生にまで成長してくれまして、

さすがにもう「イヤイヤ」はありませんが

長女がまだ9ヶ月でこれからイヤイヤ期が待っています!

 

男の子二人の時もイヤイヤ期は酷くて当時は

毎日クタクタで大変でした!

 

そんな時の事を思い出してこれからくるであろう

長女のイヤイヤ期に備え、対策を考えてみました!

 

確かに、イヤイヤ期は大変です。

 

そしてママの代わりはいません。

自分が頑張るしかない!!

それは、そうなんですが、

 

忘れてませんか??

 

父親の存在を!!

 

イヤイヤ気には父親の存在と働きが重要な事が多々あります!

 

世のお父さん・パパさんに頑張ってもらって

一緒にイヤイヤ期をラクラク期にして

乗り切りましょう!

 

同じ様にお悩みの方のお力になれたら幸いです!

 

 

Sponsored Link

イヤイヤ期ってなぜやってくるの??

そもそもイヤイヤ期ってなんなのか?

 

みなさんご存知ですか??

 

ただのわがままでしょ!

って思ってる方もいるかもしれませんが

そうではなくって、ちゃんとした成長過程の一つで

あって当然な物、なければならない物なんですね。

 

ではどうしてイヤイヤ期は必要なの?

ってことですが

 

「反抗期」は皆さん聞いたことあるかと思いますが

それの幼児バージョンと思ってもらえれば少しは身近に

感じることができるかもしれませんね!

 

1歳半頃から2歳にかけてピークを迎え

3歳を過ぎる頃には収まってくるのですが、

この「イヤイヤ」という言葉や言動の裏には

子どもの気持ちが沢山詰まってるんです!

 

この頃の子どもは言葉もまだおぼつかない程度で

うまく自分の気持を表現することは難しい状態です。

 

そして自分でやってみたいという自我の気持ちが生まれる

時期です。

これがイヤイヤ期があって当然な理由なんですね。

 

でも、それが重なると「イヤイヤ」になるのです。

 

どういうことかというと

 

例えばですが

今まではママやパパにさせてもらっていたお着替えを

自分でやりたいという気持ちが生まれます。

そして、

やってみます。

 

でもボタンがうまくできません。

 

 

イライラします。

 

この一連の気持を全てひっくるめて

「イヤイヤ」で表現してしまうんですね。

 

ご飯も自分で食べたいのにうまく食べれない。

かといって食べさせてもらうのもイヤ。

なので、ご飯が出てきて瞬間から「イヤイヤ」

 

歯磨き

着替え

お風呂

全てにそういった自我が出てきて、

その気持ちをうまく伝える術がないので

「イヤイヤ」

になってしまうんですね!

 

なので安心して下さい!

 

お子さんのイヤイヤはちゃんと成長してる証なんですよ!

 

たしかに、しんどいし、腹も立つし、イライラもすると思います!

 

でも、この時期があるからこそ、

子どもは心が大きく成長できるんです。

 

小学校にあがってまで「イヤイヤ」言ってる子はいません

ちゃんとおさまってきますので、

一生懸命成長している我が子に向き合って

一緒に成長していきましょう!

 

 

Sponsored Link

イヤイヤの対応

そうはいっても

イヤイヤ期でまいってしまっているママやパパは

そんなに余裕ではいられないですよね!

 

いつかはおさまるとわかってはいても

今このイヤイヤの毎日をなんとかして!!

ってなりますよね!

 

わかります。

 

では、何か対処法があるのでしょうか。

 

子どもの気持ちを理解する

先程もいいましたが、

子どもは自分の気持ちを上手く言葉では

表すことはできません。

 

でも、確実に自分の意思や気持ちを持っています

自我があるのです。

 

この部分をいち早くキャッチすることが

イヤイヤ期解決の近道になると思っています。

 

では具体的にどうすればいいのか。

 

まず落ち着くまで待つ

イヤイヤ絶頂の時、泣いて喚いてどうしようもなくなってきている時は

何を言っても無駄です。

とにかく子どもを落ちつかせて下さい。

 

何か他に気持ちを向けてみるとか、

その場所から移動するとか、

クールダウンですね。

間違ってもママやパパも一緒になって怒ったり

泣いたりしないで下さい!

 

余計にヒートアップしますし

なんの解決にもなりません。

 

話を引き出す

落ち着いたらさっきはなんであんなに

怒っていたのか本人に聞いてみる。

 

聞いてみると言ってもそんなうまく子どもから

気持ちを聞き出す事はできないと思いますので

こちらから

こうだった?

ああだった?

と探ってみましょう!

(あまり時間をあけると子どもは忘れてしまう場合がありますので注意)

 

解決方法を一緒に考える

気持ちが探れたら

次同じ状況になったらどうしたらいいか

一緒に考えてあげる。

 

また同じ様にイヤイヤになりそうになったら

イヤイヤじゃなくて

「こう言えばいいんだよ、」

「こうすれば良かったね、」

という言葉や方法を教えてあげて下さい。

 

この繰り返しで子どもは自分の気持の

対処法を覚えて行くことができます。

子どもだってイヤイヤ言って暴れるのは体力も使って疲れます。

 

最初はうまくいかないかもしれませんが

根気よく続けていってください!

 

1回や2回では子どもは覚えることはできません。

 

よく「何度同じことを言ったらわかるの!?」なんて

怒ってしまう事もあると思いますが

その答えは

「何度も言ってあげて下さい」

という事です。

 

でもママ一人でこのイヤイヤ期を乗り越えるには

難しい事もありますそんな時に

大活躍するのが

パパの存在です!

 

軽く受け流す

 

これができれば、正直言って一番楽なんだと思います!

 

床で這いつくばって泣き叫んでいても

「あ。泣き虫芋虫さんいたーー」

 

とか言って軽くあしらうとか

 

 

「ママもイヤイヤーー」と言って

一緒に転がるとか、、

 

 

そうしていると

子どももそのうち気分が変わって

「イヤイヤしてても、だめだこりゃ」

っと感じるようになる瞬間がきます。

 

でも、これは結構心の余裕が必要な技でもあります。

 

だって、そんな事言ったって最初は全く効果ないですし

余計に泣き叫ぶ可能性すらありますのでw

 

でも、この方法が使えそうなら

一度チャレンジして見て下さい。

 

ママの気持ちの負担は真っ向から向き合うよりは

軽減されるかもしれません。

 

軽くあしらうと言っても無視ではないので

ご注意を!

 

 

 

 

 

父親の対応

母親が対処しても

どうにも出来ないのに

父親の出る番なんてないだろうと思いがちですが

そんな事ありませんよ!

 

父親に出来ることはあります!!

是非、父親の立場で出来ることをして

ママを助けてあげて下さい!

 

母親のストレスをわかってあげる

大きく言いましたが

要するにストレスを抱えているママを

楽にしてあげる!

 

という事です。

 

ただでさえイヤイヤ期で子育てにストレスを

感じているのに、夫にもストレスを感じてしまうと

ママは爆発してしまいます!

 

「あたなまで、イライラさせないで!!」と

なってしまいます。

 

そうなると気持ちに余裕がなくなり先程説明したような、

子どもへの接し方はまず出来ないでしょう。

 

おそらくヒステリックになり子どもへも

イライラを全力でぶつけてしまうようになってしまいます!

 

すると子どもも敏感ですから

ママのイライラを感じ取って

ますますイヤイヤが増してしまいます!

 

悪循環ですね。

 

まず、ママにストレスをかけないようにしてあげる

自分で出来ることは自分でやって、

更にはお手伝いや、ママの一人の時間を作ってあげて

ストレス軽減を心がけてあげて下さい。

 

そうすることで、ママも

「一緒に頑張ってくれている!」

「協力してくれている!」

 

と、感じて、孤独感からも開放されます!

 

 

 

ママって結構孤独なんですよね、、、。

 

子どもと日中に二人きりで過ごしていると

ふと、寂しくなって、辛くなってしまう時って

あるんですよね。

 

そんな時に更に我が子のイヤイヤ攻撃が始まったら

もう本当に泣きたくなる気持ちになる事もあるんです。

 

なので、一緒にいる時は、

必ず子育てに協力的であったほしいです!

 

子育てに関心を持ってほしいんです!

 

 

 

 

 

子供と二人の時間を作る

これは先に言いました「ママの一人の時間を作る」のに

必要なことです。

 

子供と少しお散歩に出てあげるとか、

イヤイヤになっている子供の気持ちを切り替える為に

必要な事です。

 

そうしてる間にママもイライラを抑える事ができますし、

一石二鳥です。

 

今まであまり子供と関わってこなかった父親も

このイヤイヤ期を機会に子どもとの距離を

縮めてみて下さい!

 

意外とママから離れるとスッと泣き止んで

何もなかったかの様にご機嫌に遊ぶ子も多いです。

 

子どもも気分転換が必要なんですよね!

 

それを実現するためにも

父親の存在と働きが重要なんです!

 

 

 

ママの仕事を軽減してあげる

要するに少しでもお手伝いして

ママの仕事を減らしてあげて欲しいということです。

 

「家事なんてなんにもできない。」

 

という父親も多いと思いますが

「今日は晩ごはんお弁当にしようか」

とか

「今日は子どもを連れて実家にご飯を食べに行くよ」とか

一言あると、ママも夕食を作らなくてよくなり

気持ちが軽くなりますよね

毎日は家計的に厳しくてもたまになら

お弁当で済ませてもいいんじゃないでしょうか??

 

もし余裕があるなら子どもを”ばあば”見てもらって

二人で外食なんてのも悪くないですよね!

 

 

あとは、イヤイヤ期と戦いながら夕食の支度をするのって

とても大変なので、

せめて、後片付けは何も言わずやってあげるとかがあったら

本当に最高ですね!

 

その際の注意点は

恩着せがましくしないことです!

 

男の人ってなぜか、1つのことをやったら

100の事をやったかのように

なりますよね。

 

あれ、結構しんどいんです。

 

心に余裕があれば大丈夫なんですが

疲れている時に

恩着せがましくされると

「自分でやったほうがよっぽどマシ」

 

ってなっちゃいます。

 

なので、できるだけ、さりげなく

サポートしてあげて下さい!

 

 

 

父親はしょげちゃ駄目!

子どもはどうしても

母親>父親です。

 

これはどうしようもないんですね。

世のお父さん達、ごめんなさい。

 

例外はありますが

子どもはそうできているのです。

 

なぜかと言うと

子どもは母親の側にいると心拍数を落ち着かせて

ストレスも軽減されるようになっているからです。

 

だって10ヶ月もの間ママのお腹の中にいて

育ってきたんですから、そうでないとママも

報われませんよね。

 

そして子どもも、これを無意識にわかっています!

 

なので、子どもは眠たい時やしんどい時

何か嫌なことがあった時なんかは必ず母親を選びます

これは本能的にそうできているのです。

 

なので、自分が嫌われているとか、なつかれていないとか

決して思わないで下さいね!

 

そういうレベルの話じゃないんですね!

気を落とさずママのサポートを頑張ってあげて

下さい!

 

父親の対応があるのとないのとではイヤイヤ期の

ママの負担は全く違うものになってきます。

 

気持ちも健全に保たれます!

 

実際2歳頃のお子様を持つママは

自分がいつか虐待してしまうんじゃないか?

と感じるくらいイライラを募らせ

そんな自分に罪悪感を持って毎日辛い日々を

送っている方が多いです。

 

なので、

 

たかが、イヤイヤ期!

なんて思わないで下さい。

 

「こんなことしたくらいでどうにもならない」とか

「たまの休みくらいゆっくりしたい」

 

とか思う気持ちもわかりますが、

永遠に続くものではありませんので、

ここが父親の頑張りどころだと思って

逃げるのではなく、積極的に育児に参加して下さい。

 

そうすることで、

夫婦の仲も確実に良好に保たれていきます。

 

それは、今だけでなくて、

頑張ってくれているのを

ママもちゃんとずっと覚えているものです。

 

逆に。「あの時全くなにもしてくれなかったな」

という気持ちもなかなか忘れる事はできないもので、

ママの中にわだかまりが残ってしまいます。

 

そうならないためにも自分で何か出来ることがあれば

進んでしてあげて下さい。

 

ママの一番の見方は子どもの父親であるあなたなんです!

 

今、子どもに大人気の米津玄師プロヂュースの「パプリカ」

で子どものご機嫌も治るかもしいれませんよ!

一度お試しあれ!

 

赤ちゃんのご機嫌を治す「パプリカ」

 

 

まとめ

・イヤイヤ期は正常な成長の証

・いつまでも続くイヤイヤ期はない

・イヤイヤの対処法はまずお互いのクールダウン

・何度も根気よく子どもに気持ちの正しい表現方法を教えてあげよう

・父親もできることはたくさんある

・ママのストレス軽減やサポートを心がける

・イヤイヤ期こそ父親の出番

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

Sponsored Link


 

 

 

 

 

 

 

 

 


「借金問題で苦しんでいる方へのメッセージ」






借金苦からは今スグにでも抜け出せます。
実際に借金苦から抜け出した私の経験を元にあなたに大事なお話をさせて頂きたいです。
読むだけで人生が変わります。





社交不安障害との戦い~息子と共に

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)