反抗期真っ只中のわかりやすい変化!パーカーのフードを被るのは鉄板?その理由は?


こんにちは!

 

反抗期真っ只中のお子様を持つ方!

元気ですか?

 

私も中学1年生の息子を持つ母です!

 

そろそろ反抗期かな?なんて思う瞬間があったりなかったり

 

まだそんな感じですが、真っ只中の

反抗期のお子さんの様子ってどですか??

 

何でも反抗してくる?

返事をしない?

姿を見せない?

 

色々ありますよね!

 

でも、目に見える変化って言われたら

難しくないですか??

 

髪の毛を急に染めるとか、

そんな事もあるかもしれませんが、

 

一番私が納得したのが、

「パーカーのフードを常に被る」です!

家の中でも。です!

 

これまさに、中二病と言われるやつで、

思春期や反抗期にもありがちな姿ですよね!

 

でも、どういう心境でパーカーのフードを被りたがるのか?

 

自分もそうだったから気持ちはわかる!

なんて方もいらっしゃるでしょう!

 

でも、私は正直あんまりわからないので、

調べてみたんです!

 

よければこの先お読み下さい!

Sponsored Link

反抗期の原因

 

反抗期の原因は

一言で言うと

「大人か子どもかどっちよ~~っ」

て気持ちの現れなんです。

この頃の子どもは体が急成長する時期でもあります!

 

●身長はぐんぐん伸びてお母さんやお父さんまでも

追い越してしまうけれども、腕相撲ではまだまだ勝てない。

 

●昨日は「まだ子どもだから」と言われたけど

今日は「もう大人なんだから」と言われてしまう。

 

●自分は大人なのか?、まだ子どもなのか?

 

そんな矛盾は外の世界でも例外ではありません。

 

中学校や高校に進学すると

先輩という存在が力を持つようになり

いわゆる上下関係を身をもって感じるようになってきます。

 

大人の世界を垣間見る様になってくる時期でもあります。

 

そんな中で思春期という心の変化も合わさり

子どもたちは日々ストレスを抱える様になってきます。

 

第二次反抗期はこういった矛盾や理不尽さを

まだ自分では処理できずに葛藤していく中で

現れる物です。

 

 

 

反抗期の症状

 

★男の子

・暴力

・暴言

・物に当たる

・大きな声や音を出す

・無視

 

★女の子

・無視

・男性的な言葉遣い

・閉じこもる

 

 

★共通

・不良行為にはしる

・挨拶・返事をしない

・服装が乱れる

 

などが挙げられます。

 

男の子と女の子の反抗期の違いは

男の子ほうが激しいですが比較的短期間で収まり

後に尾を引くことはあまりなく

あっさりしているイメージです。

 

それに比べて女の子は

そこまで激しさはないものの、

長期間続く場合が多く

その時の確執によって、大人になっても

根に持って、関係が改善されないといった

致命的になりやすい面を持っています。

 

 

反抗期のマストアイテム・パーカー

そんな反抗期にはなくてはならない物!

 

それがパーカーです!

更にフード付き!

なぜか??

 

答えは簡単!

被れるから!です!

 

ではなぜ被りたいのか??

 

不思議な反抗期の心境と共に

謎に迫ってみました。

 

上でも述べましたが、

反抗期の子どもの気持ちは

矛盾や理不尽さでいっぱいです。

 

それがパーカーを被る理由でもあるんです。

 

Sponsored Link

理由①「恥ずかしい」

反抗期って周りの視線や異性の視線に異常に

敏感になりますよね!

皆が自分を見てるような気になったり!

 

「見てほしくないんだけど、

見て欲しい。」

 

自分を認めてもらいたいし

注目もされたいんだけど

小さい子供の頃の様に自分から

「見て見て~~」なんて

言えない。

 

こんな気持の矛盾が反抗期の子どもたちを

パーカーのフードへと走らせるんですね!

 

理由②「妄想」

よくありますよね!

 

反抗期の子どもたちは

同時に思春期も重なっている事が

多いです!

 

思春期って何かと色々なことや

非日常的な事に憧れを持ったり

興味も出てきます。

 

その反面現実的な

大人の世界も少し見えてくる頃です!

 

そんな、非日常的と現実的の間で

揺れ動く気持ちが妄想へと走らせてしまうんですね。

 

例えば、

 

「自分はこの世の中で誰よりも特別な人間で

周りの人間とは違う存在なんだ。」

 

とか、

 

あるいは、漫画やアニメの世界に入り込んでしまったり。

 

とか。

 

そんな時にパーカーのフードは必須です!

 

自由に妄想の世界と現実を行き来できるんですから。

 

理由③「謎多き存在」

漫画やアニメなどでもよく登場する

謎の「闇キャラ」・「謎キャラ」

あれですよ。

 

謎の存在で味方か敵かもわからない。

でも、重要なシーンに登場して

なんかカッコいい。

 

小さい頃は、ヒーローに素直に憧れますが

思春期頃になると、そういった闇キャラや謎キャラに

妙に惹かれるんですよね。

 

そんな謎多き存在に自分もなりたい。

 

なりたいというより

もう、なっていると思っている。

 

その憧れが、パーカーのフードによって

現れるんです!

 

まさに中二病といわれるやつですね。

 

理由④「外界との遮断」

反抗期の頃は、周りの人間

(家族も含む)との交信がわずらわしく感じるものです。

 

・話しかけてほしくない。

・できるだけほっといてほしい。

 

そんな気持ちも大きく持つようになります。

そんな時にパーカーのフードは大活躍ですね!

 

理由⑤「外見へのコンプレックス」

反抗期の頃は思春期も重なっていると言いましたが

思春期の頃は、顔にも思春期ニキビができたりして

気になりだす頃です。

 

自分と周りとの区別や評価が

現実的に出来るようになってくる年頃ですから

自分の容姿が周りと比べて劣っているんじゃないか

とか考えてしまう傾向にあります。

 

これは女の子に特に多いかもしれません。

 

そんな、外見へのコンプレックスを隠すためにも

パーカーのフードが大活躍するんですね!

 

理由⑥「人生への悲観」

反抗期の頃は中学生や高校生になって

大人の世界を垣間見るようになるころです。

 

社会との繋がりや先輩後輩などの関係性も持つ様に

なります。

 

そんな状況の中で強いストレスを感じる子も

多いです。

 

そして、将来に向けての不安や悩みなんかも

次から次出と出てくる頃です。

 

そんなストレスや悩みの中で、

将来への悲観や、もっと言えば

人生への悲観を感じる様になります。

 

それがパーカーのフードという軽い殻を被ることで

表されるんですね。

 

弱者には素を見せる

実際、反抗期の真っ最中で

母親が何を言っても「うるさい」などの暴言や

無視で対応するばかりの子ども。

 

パーカーのフードを常に被り顔を見せない子ども。

 

そんな子どもたちも

おじいいちゃんや、おばあちゃん、あるいは

小さな子どもには、そんな一面があるなんて想像もさせないくらい

優しく素で接する傾向があります。

 

なので、パーカーのフードを被り

反抗期でなんとも手がつけられなくて困っている場合は

一度、祖父母に相談してみて

今、何に悩んでいるか何に不満なのか

聞き出してもらうのも、一つの手段だと思います。

 

家の中では、パーカーのフードで隠れてばかりで

話にならなくても祖父母になら素直に話をする事もあります!!

 

もしかしてその反応愛情不足も考えられませんか?

思春期の子どもの愛情不足のサインを見逃してませんか?危険な兆候を見極めよう!

2019年9月6日

 

反抗期は成長の証

反抗期は順調に成長している証でもあります。

反抗期がないなんてお子様もいます。

 

詳しくはこちら!

反抗期がない子供は反動が大きいって本当?

 

なので、今はパーカーのフードで隠れてばかりでも

反抗期で成長した暁には

素敵な笑顔をみせてくれる様になります。

 

今は、パーカーのフードと友達になって、

一生懸命と自分と向き合って辛い気持ちや不安やストレス

矛盾や理不尽。

様々な物と戦っている所なので、

暖かく見守ってあげて下さい。

それを乗り越えた時成長を感じる事ができます!

 

2歳頃の反抗期の記事もよろしければ見てやって下さい!

イヤイヤ期どう乗り切る??

 

まとめ

・反抗期にパーカーのフードはマストアイテム

・理由は矛盾や理不尽さの表れ

・反抗期は順調な成長の証

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

Sponsored Link



「借金問題で苦しんでいる方へのメッセージ」






借金苦からは今スグにでも抜け出せます。
実際に借金苦から抜け出した私の経験を元にあなたに大事なお話をさせて頂きたいです。
読むだけで人生が変わります。





社交不安障害との戦い~息子と共に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)