反抗期がない子どもの特徴とは?大人になると反動が大きいって本当?体験談&対処法も紹介!


こんにちは!

 

年頃のお子さんを持つ親御さんは

「そろそろ反抗期が出てきて最近言うことも聞かないし大変」

なんて悩みがママ友との会話でも

多くなってくるんじゃなでしょうか?

 

でも、そんな会話を聞きながら

「うちの子全く反抗期ないんだけど」

「これっておかしい?」

「反抗期がない反動がこわい」

って思ってませんか??

 

よく反抗期がない子は

大人になるとその反動が大きくて、

いつまでも手のかかる

自立できない子になってしまう。

 

なんて聞いたこともあるんじゃないですか??

 

でも、本当のところどうなんでしょうか??

反抗期がない子どもの特徴ってどんな感じなんでしょうか??

 

本当に反抗期がないと反動が大きくなるんですか??

 

心配ですよね。

 

私も年頃の子どもを持つ母親ですので

気になりますが、

 

後にも書きますが私は反抗期はなかったんですが

グレることも、ひきこもることもなく反動はなく

普通に育ちました!

 

色々なケースがありますので、一概には言えないのですが

私の見解を聞いて下さい!

 

反抗期がなかった子どもの実話(体験談)

いきなりですが、

反抗期がないまま大人になった人間が

実はここにいます。

 

 

何を隠そう私です。

 

なぜ、反抗期がなかったのか

自分でも未だにわかりませんが

私の場合は①であるがゆえの②といったところでしょうか。
(*①や②については下記参照)

 

私の母はシングルマザーでした!

 

母娘関係は良好でしたが

どこか気を使っている部分がありました。

 

常にお金には困っていましたが

母は交際関係も派手でしたので

あまり家にもいませんでした。

 

寂しいといった気持ちがなかった訳ありませんが、

特別何か不満に思っていた事があった訳でも

ありませんでした。

 

だからか反抗するスキがなかったと言いますか、

相手もいなかったんですね。

 

実際、高校生になった頃からは

私は兄と二人で暮らしていたので、

母とも関わりがなかったというのも

大きい理由かもしれません。

 

父親とも交流はありましたが同じく

すごく気を使っていました。

 

1ヶ月に1度父とご飯を

食べに行くようになっていたのですが

そんな関係で反抗もなにもないでしょ。

ってな感じでしたね。

 

なので、父には今でも気を使っています。

 

今現在もういい大人ですが

ひきこもりでもありませんし

ニートでもありませんし

ギャンブルもしませんし

犯罪も犯していません。

反動はなかったと言っていいと思います。

なので、反抗期がなかったからといって

すべての子どもが大人になってから

反動が起きるとは限りません。

 

その子の育ってきた環境や想いによって様々だと言うのが

正直なところです。

 

 

 

Sponsored Link

反抗期と思春期の違い

反抗期って思春期と一緒!!

 

ではないんですよ。

 

 

思春期だからって反抗期になるわけでも

ないですし、反抗期だからって思春期とも限らないんですね。

 

そこには、何か定義のような物がある訳でも

法則があるわけでもないんですが

思春期を迎える頃に反抗期にも入る子が多いので

思春期=反抗期と思われやすいというだけです。

 

 

 

思春期の頃の反抗期は第二次反抗期といわれますが

じゃ、第一次反抗期っていつかわかりますか??

 

これは、1歳半~2.3歳までに来る

「イヤイヤ期」が第一次反抗期なんですね。

 

イヤイヤ期についてはこちらをご覧下さい!

 

イヤイヤ期の記事でも書いていますが

 

イヤイヤ期の理由は自我が芽生え大人の手を借りず

自分でしたいという気持ちとは裏腹に

上手にできないことへのもどかしさ。

の表れであるのですが、

 

第二次反抗期にあたるこの頃の物は

また少し違う理由も含まれてきます。

 

 

反抗期の原因

 

反抗期の原因は

一言で言うと

「大人か子どもかどっちよ~~っ」

て気持ちの現れなんです。

この頃の子どもは体が急成長する時期でもあります!

 

●身長はぐんぐん伸びてお母さんやお父さんまでも

追い越してしまうけれども、腕相撲ではまだまだ勝てない。

 

●昨日は「まだ子どもだから」と言われたけど

今日は「もう大人なんだから」と言われてしまう。

 

●自分は大人なのか?、まだ子どもなのか?

 

そんな矛盾は外の世界でも例外ではありません。

 

中学校や高校に進学すると

先輩という存在が力を持つようになり

いわゆる上下関係を身をもって感じるようになってきます。

 

大人の世界を垣間見る様になってくる時期でもあります。

 

そんな中で思春期という心の変化も合わさり

子どもたちは日々ストレスを抱える様になってきます。

 

第二次反抗期はこういった矛盾や理不尽さを

まだ自分では処理できずに葛藤していく中で

現れる物です。

 

 

 

反抗期の症状

 

★男の子

・暴力

・暴言

・物に当たる

・大きな声や音を出す

・無視

 

★女の子

・無視

・男性的な言葉遣い

・閉じこもる

 

 

★共通

・不良行為にはしる

・挨拶・返事をしない

・服装が乱れる

 

などが挙げられます。

 

男の子と女の子の反抗期の違いは

男のほうが激しいですが比較的短期間で収まり

後に尾を引くことはあましなく

あっさりしているイメージです。

 

それに比べて女の子は

そこまで激しさはないものの、

長期間続く場合が多く

その時の確執によって、大人になっても

根に持って、関係が改善されないといった

致命的になりやすい面を持っています。

 

弱者には優しさを見せる

 

実際、反抗期の真っ最中で

母親が何を言っても「うるさい」などの暴言や

無視で対応するばかりの子どもも

おじいいちゃんや、おばあちゃん、あるいは

小さな子どもには、そんな一面があるなんて想像もさせないくらい

優しく接する傾向があります。

 

なので、

反抗期でなんとも手がつけられなくて困っている場合は

一度、祖父母に相談してみて

今、何に悩んでいるか何に不満なのか

聞き出してもらうのも、一つの手段だと思います。

 

家の中では、暴言ばかりで話にならなくても

祖父母になら素直に話をする事もあります!!

 

反抗期がない

さて、ここからが本題なんですが

反抗期がない子はどうなるのでしょうか??

「うちの子反抗期なかったよー、ラッキー」って

単純に思っていいんでしょうか??

 

 

Sponsored Link

反抗期がない理由

どんな場合の子どもが反抗期がない

子になるのでしょうか??

 

①反抗する必要がない関係性

親と子供とのコミュニケーションが

日頃からきちんと取れており

会話も出来て、親が子どもの気持ちを理解し

対応できている。

意思疎通ができる状態にある場合。

 

こに場合は反抗する事がなくなり

自然と反抗期は現れず過ぎて行く事になります。

 

 

②自己主張ができる状態にない

反抗期とはイヤイヤ期と似ている要素もありますので

自我が芽生えるイヤイヤ期の成長バージョンです。

 

自分の気持や意見をきちんと持つようになってそれを

親にぶつけてくるのですが、

その自己主張が出来ない親子関係の場合は

子供は我慢して反抗期をやり過ごすことに

なります。

 

・親が子供を精神的に押さえつけている

・過干渉

・言葉や暴力で子供を支配している

 

この様な場合には子供は

反抗期を処理することができず

そのまま大人になって行く事になります!

 

 

 

③子供が親に気を使っている

子供は親をよく見ています

最近はシングルマザーや

シングルファーザーといったひとり親世帯も

増えてきていますが、そんな家庭の場合、

子供は親の苦労を間近に見ています。

 

このくらいの年齢になってくると

一人で自分を育ててくれている親に感謝や

申し訳ないと言った気持ちも持つ場合があります。

 

そうすると、決して親子関係が悪いわけではなくとも

子供は親に迷惑をかけたくない、

心配させてくない、という気持ちが大きくなり

自然と自分の意見や気持ちを隠してしまう子に

なっていきます。

 

親の前で良い子を演じるようになります。

 

そして、その反動が外で表れる様になる子もいます。

いじめや、万引きなどの行為に及ぶなど

親の目に見えないところで自分を表現するしか

なくなってしまうのですね。

 

 

反抗期がなく大人になったら反動はあるのか?

上で説明した中で

①の場合で反抗期がない場合は親子関係が良好なので

心配する必要はないですが

 

問題は②と③の場合で反抗期がなく大人になった時です。

の場合は親に押し付けられて育ってきた結果

自分の意思を持たない大人になってしまう危険性があります。

 

その場合、自分では何も決めることが出来ない、

自分の意見を他人に言うことができない、

そんな大人になってしまう事になります。

 

そうなれば、私生活にも影響が出てきてしまうでしょう!

 

仕事や結婚といった大人として生きていく上で

経験するであろう事においても、

悪影響を及ぼしてしまいます。

 

例えば結婚にしても、自分の意思がないので、

相手の方とも上手く意思疎通ができないし、

そもそも自分で相手を決めると言う大事な部分が出来ない

大人になってしまう可能性がありますので

結婚自体が難しくなります。

 

社会に出て働くようになっても

自分で動くことができないので、

指示待ち人間になりますし、

そんな状態では出世なんて望めませんよね。

 

あるいは、そんな状態で静かに生きてきたとしても

どこかのタイミングで自分では無意識であっても

我慢の限界を迎え爆発してしまうかもしれません。

 

その場合は引きこもりや、ニート、

最悪の場合、犯罪に手を汚す様なことにもなりかねません。

 

 

の場合は、周りに気を使いすぎて

自分の意見が言えない大人になる可能性も

あります。

 

そうして人の顔色を伺い

自分の気持ちを押し殺し生きていき、

その結果、異性関係でも騙されたり、

人間関係で多大なストレスが貯まり

ギャンブルにハマったり、ストレスに負けて

精神疾患を患ったりする結果となってしまいます。

 

 

反抗期がない子どもへの接し方・対処法

 

もし、今、我が子が反抗期がなく心配されているのであれば

どんな場合が考えられるのでしょうか?

対処法はあるのか?

考えてみましょう!

 

まず自分の子供がどれに当たるのか

考えてみて下さい。

①反抗する必要がない

②反抗したくてもできない

③子供が親に気を使っている

 

結果、①の場合であれば何も心配する必要はありません。

上手に子育てされていますね!

安心してお過ごし下さい。

 

②(反抗したくてもできない)

の場合。

 

この場合も今からでも全く遅くはありません。

 

もし親御さんが常に威圧的な態度で

上から子供に接しているなら

少し、子どもの意見を聞いてあげるような

雰囲気作りから始めてみて下さい。

 

子どもが何か言いかけても

頭ごなしに否定したりしてませんか??

 

「あなたは私の言うことを聞いてやっていけばいい」といったような

決めつけで子供に接していませんか??

 

何でも親が決めて子どもに選択肢を与えないような関係性に

なっていませんか??

 

確かにそうしていれば、親は安心ですし

満足ですよね!

 

 

でも、子供も自分の考えや意見があります。

自分のしたいことが必ずあります。

 

例えそれが、幼稚な考えで間違えていたとしても

まずは聞いてあげてください。

 

一通り聞いた上で

「それも一つの考えだけど親としてはこう思う」

「もっとこういう風にすれば良くなるんじゃないか」

という風にアドバイスをし、

一緒に相談して考えていって正しい道に導いてあげる

感覚で話をするように意識してみて下さい。

 

 

もう、既に自分の意見を全く言わない子供になっているのであれば、

今からでも意見を言う練習をしていって下さい。

 

その場合は小さなことからの練習にして下さい。

 

いきなり「将来の自分について考えを述べよ!」

とか

「親に何か不満があるなら言いなさい」のような

そんな難しい質問ではなく

「今日の晩ごはん〇〇か〇〇どっちがいい?」

と聞いて答えが返ってきたら

その理由も聞いてあげるようにしてあげてください。

 

最初は小さな選択問題から聞いてあげて

慣れてきたら、どうしてそいう思うか

理由を聞いていく感じでいいと思います。

 

そうしている内に

こちらが何も言わなくても自分から

「今日は〇〇がいい!」

だって「〇〇だから」

と発言してくれるようになれば大成功です!

 

親子間で発言や意見がしやすい雰囲気作りが大事ですね!

 

③(子どもが親に気を使っている)

の場合。

 

子どもの前で愚痴や忙しさを全面に出すのを

少し控えて、子供に目を向けてあげてください。

時間を取ってあげて下さい。

子供を受け止めることができる雰囲気を

作ってあげてください。

 

親が自分の事でいっぱいいっぱいだと子供は親に

ぶつかることをためらってしまいます。

 

自分の事なんかに時間を取らせたり困らせたり

してはいけないと思ってしまいます。

 

無視されるのではないか、

突き放されるのではないかと

不安になります。

 

今まで良い子にしてきた子なら

尚更その気持は強いでしょう。

 

仕事で毎日子供と話する時間が確保できない!

なんてのもわかります!

私も以前はそうでした!

 

今は家で出来る仕事を探してチャレンジしていますが

そうすることで子供とのコミュニケーションは確実に増えましたし

長男の社交不安障害ともちゃんと向き合えたし本当に良かったと思うこと

ばかりです!

もし、まだ仕事をしていたら子どもの変化にも気づけず

対応も遅れていたかもしれません。

思い切って家で出来る仕事は始めるのも私はおすすめです!

副業とは?サラリーマンや主婦におすすめ!ネットで副業するならアフェリエイトブログの代行サービスを使えば楽に簡単に稼げる!

2019年7月24日

 

反抗期の想い

 

 

反抗期ってあっても、なくても、

親としては色々大変な思いをして

子供と共に成長していくんですね。

 

反抗期の表れとしてこんな物もあります!

反抗期真っ只中のわかりやすい変化!パーカーのフードを被るのは鉄板?その理由は?

2019年7月29日

 

ちなみに、中学生の息子は

昔から勉強が好きな変わった子だったんですが、

今のところはまだ反抗期らしさはありません。

 

中学生頃になると

勉強面でも心配事が増えますよね、、、

 

うちの息子がしているのは

進研ゼミのみです!

 

塾なしでも、高成績を取る事ができています!

興味がある方はこちらも御覧ください!

 

進研ゼミ中学講座のレビュー!塾なしでもトップ高校狙えるまで成績は上がる!5つのポイント!

2019年7月12日

まとめ

・反抗期は思春期とは別である

・反抗期がない子もいる

・反抗期がない子には3種類ある

・反抗期がなく大人になってしまうとあまり良くないケースもある

・今からでも親子関係を見直せる

・まずは話しやすい雰囲気作り

・すべての子が反動がおきるわけではない

 

もしかしてその反応愛情不足も考えられませんか?

思春期の子どもの愛情不足のサインを見逃してませんか?危険な兆候を見極めよう!

2019年9月6日

 

こんな風に書くと反抗期がない子どもは

反動が絶対あって将来大変だ!

 

と勘違いするかもしれませんが

私のケースの様にそうとは限らないですし、

そんなに神経質にならず少しずつ改善できる所は

改善に努めてみて下さい!

 

実際私の周りでも

反抗期なんてなかったよーという

親御さんも結構いらっしゃいます。

 

 

 

さいごまでお読み頂きありがとうございます!

 

Sponsored Link


 

 

 

 

 

 

 


「借金問題で苦しんでいる方へのメッセージ」






借金苦からは今スグにでも抜け出せます。
実際に借金苦から抜け出した私の経験を元にあなたに大事なお話をさせて頂きたいです。
読むだけで人生が変わります。





社交不安障害との戦い~息子と共に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)